雨雲を避けて

11月3日(金・祝)雨で暗い朝。午前11時すぎ、苫小牧に大雨警報が出されました。おいおい、予報とずいぶん違うじゃないの。気象レーダーは苫小牧市だけが真っ赤。新千歳空港の離着陸はダイジョブかな?

東へ

flightradar24で航跡を見てみます。着陸滑走路は19L、北からの進入です。

  • 10時01分 :
    この時点では、通常のパターンで進入しています。

  • 10時21分 :
    強い雨雲を避けるため、進入機は少し東にふくらんでいます。ほぼ同じ時刻の雨雲は、下の図でご覧ください(見にくくてスイマセン)。

  • 10時44分 :
    雨雲も東に延び、形が少し変わってきました。さらに東へふくらんで、ベース・レグが長いね。

  • 10時47分 :
    雨雲が東に移動するにつれ、飛行航跡はますます山側にふくらみます。山岳地域の高度にご注意を!

  • 10時58分 :
    三角定規のパターンになってしまった。

  • 11時04分 :
    こんな変形レーダー・ベクターも。

西へ

これ以上、東の山側に振ると、高度処理も大変そう。トラフィックの区切りを見計らって、

  • 11時12分 :
    ついに西側へ誘導し始めました。祝日で自衛隊機が少ないから西側も使えるンですね。しばらくの間、西側トラフィック・パターンを利用しました。

  • 11時54分 :
    中には、こんな進入航跡も…。上空から支笏湖の観光かな?

  • 11時57分 :
    コブ付き第4旋回?

  • 12時00分 :
    こちらも支笏湖観光…と思ったら、東側に戻されてしまったようで。

復帰

  • 12時44分 :苫小牧の大雨警報が解除されました。
  • 12時52分 :
    やっといつもの綺麗なパターンに戻ったようです。関係の皆さま、おつかれさまでした。

※ 写真は、新千歳空港から離陸上昇する吉祥航空A320、2017年11月2日撮影

※ 飛行航跡は「flightradar24」を、気象レーダー画像は「tenki.jp」と「HBCお天気」を使わせていただきました。

コメント

  1. イカゴロ より:

    ひさびさのflightradar24ネタですネ。楽しく拝見いたしました。

  2. 清水 より:

    なかなか興味深いです!

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      自衛隊機の飛行が多い平日だったら、レーダー・ベクター大変そう。遅延にも直結。冬の嵐の時期だとさらに!