はじめてのR22操縦(その3)

Day-1

まだ初日の訓練は続きます。直線飛行、左右の旋回の次は、上昇と降下です。(その1)(その2)でも触れたトルクの変化がキーになります。その後は増速と減速もやってみましょう。

上昇

高度1,500フィート、対気速度60ノットで水平飛行中、高度を2,000フィートに変更します。

上昇するには、単に左手(コレクティブ)レバーを引き上げればいいのですが、エンジンがメインローターを回すトルクが増えるので、その反作用で機首が右に向こうとします。そうならないように、左手レバーを引き上げるときは常に左ペダルの踏み込みが必要になります。機首方位が変化しないよう、コーディネーションをとって安定させます。

上昇中の状態から高度2,000フィートでレベルオフするときは、次の降下と同じ操作です。

降下

降下するときは左手レバーを下げますが、同じ理屈でトルクが減った分だけ左を向こうとします。それを抑えるため、右ペダルをわずかに踏み込みます。実際には、左ペダルを少し弱める程度で済むでしょう。

理屈では分かっても、ペダルの踏み込み加減がなかなかつかめません。左ペダルを踏みすぎたり、それを戻そうとして右を向いたりと、左手レバー操作で機首が左右にふらついてしまいます。左手を上げるときは左足、下げるときは右足、と意識しますが、機首方位が変化しないような、左手レバー操作と調和のとれた細かなペダル操作ができるようになるには、しばらく時間がかかりそうです。

トルクの増減による機首方位の変化は、かなり大きいものだということが体感できました。

増速

同じく、高度1,500フィート、対気速度60ノットで飛行中です。同じ高度のまま速度を70ノットに上げるには、左手レバーを少し引き上げますが、そのままだと上昇してしまうので高度が変わらないように右手(サイクリック)スティックで機首を少し下げます。上昇しようとする力を前進する力に向けるということですね。

飛行機だとスロットルを前に進めてエンジン回転を上げるのですが、ヘリコプターの場合は、エンジン回転もローター回転も基本的に一定です。回転数は一定でもブレードのピッチ角を変えることにより推力を変えています。

繰り返しになりますが、左手レバーを操作すると、同時にペダル操作が必要です。左手レバーをやや引き上げながら左ペダルをわずかに踏み込み、同時に右手スティックをほんのわずか前方に押します。昇降計をチラッと見て高度が変わらないように微調整していると、速度計が目標の70ノットに向かって上昇していきます。

減速

70ノットになる少し手前で左手レバーを下げてほぼ元に戻し、1,500フィート、70ノットの水平定速巡航に移りますが、なかなかピタッと定まりません。両手と両足、すべての調和が必要な操作です。

70ノットから、再び60ノットに減速するときも同じ操作ですね。左手レバーを下げると同時に、左ペダルの踏み込みを緩め右ペダルにやや圧力をかけます。右手スティックを軽く引くとメインローターでブレーキをかけるような感じになるので、高度が変化しないように加減しましょう。

減速状態から60ノットの定速巡航に移るには、増速と同じ操作が必要になります。両手両足の適度な操作でピタッと決めたいところ。

初日の訓練、まだホバリングが残っています。次回に(つづく