苫小牧、冬から春へ

)2月の苫小牧川

インター工事現場のタヌキに引き続き、苫小牧で身近に見られる野生をもう少し紹介しましょう。

苫小牧川、2月

)ハクチョウは市の鳥。苫小牧といえば「ラムサール条約登録湿地」ウトナイ湖が有名で鳥の数も種類も多いのですが、冬の苫小牧川も個人的に好きです。

)苫小牧川に集まるハクチョウ、背後に2頭のエゾシカを見つけられるかな?

)エゾシカには必ず出会えます。冬季保証!

)ここ立ち入り禁止なの?エゾシカの若いオス

)サギも常駐してますので、だまされないように!

)Z首

高丘森林公園、4月

)春、ハクチョウは北を目指す

)まだ色のない森に、蛍光イエローの福寿草

)これも野生の運命か、エゾシカ

)リズミカルな音に見上げると、アカゲラが

)逆光で見せたくないのか、クマゲラの赤頭巾

)春真っ先に花を咲かせる樹木、ナニワズの星が輝き、…

)コケも光り、…

)池の畔ではカモが日なたぼっこ

)タヌキも顔を出して

)また、タヌキ!

)苫小牧川でエゾシカと対面。よっ、久しぶり。

)次々と現れ、川を渡る

)土手に整列。番号!イチ、ニッ、サン、シッ、ゴ、ロクッ、あれっ?

)渡りそびれた警戒心の強い「ナナ」番。

残念ながら、ヒグマの写真はまだ撮れていません。不用意に出くわすと恐いので…。そろそろダニの時期だし、藪に入るのは避けようと思っています。