北海道の気象レーダー 6、北広島

前回までは道内にある気象庁の気象レーダー4か所を「北海道の気象レーダーで紹介しました。その他にも北海道開発局が気象レーダーを運用しており、そのうちの「XバンドMPレーダ」2か所(北広島、石狩)を取り上げます。まず、北広島から。

北広島レーダ雨量観測所

札幌に近い国道274号線の脇にあります。…が、建物の陰になって見つけにくいレーダーサイトです。Xバンドという高周波の電波を使うため、アンテナも小さいですから…。2013年3月に設置されたそうです。

国道と千歳川が交差する場所です。北海道開発局の「北広島河川防災ステーション」と「北広島市防災センター」の文字が大きく描かれた建物があります。

道の駅のように駐車場完備で自由に休憩ができ、もちろん建物内のトイレを使うことができます。レーダーはこの建物の後ろにあります。

水防活動の拠点というだけあって、ヘリポートもありました。建物の右側奥にレーダー局舎の一部が見えています。

コンパクトなレーダー局舎ですね。気象庁のCバンドレーダーに比べ、アンテナもかなり小型です。

マイクロリンクで開発局とつながっているようです。

石狩のレーダ雨量観測所は、次回に紹介します。

※ 写真はすべて、2018年7月24日、やぶ悟空撮影