三沢(1)、米空軍基地へ

フレンドシップ・ツアー」という、米軍三沢基地見学バスツアーに参加してみました。基地と三沢市が共同開催(ほぼ毎月)しているそうで参加は無料、この3月は15日でした。基地ゲート付近の「スカイプラザミサワ」に集合し、バス2台で基地内に入ります。

三沢飛行場は、米空軍と航空自衛隊に加え、民間航空も共用している大変めずらしい航空基地です。米軍基地内では”35 FW“という表記が目立ちますが、”35th Fighter Wing“(第35戦闘航空団)のこと、F-16 Fighting Falconの部隊ですね。

最初に案内されたのがライズナー・サークル(Risoner Circle)、基地司令がいるところです。面会はできませんが…。「35 FW/CC」と描かれたぴかぴかのピックアップ・トラック(たぶん基地司令の官用車)が停車していました。その建物側は撮影禁止ですが、楕円状の公園に展示されているF-4CファントムIIF-86FセイバーはOK。3月中旬なので桜には早く、芝生が綺麗になるのもまだ先です。

▲ファントムの後ろ「MISAWA INN」は宿泊施設だそう

▲ベトナムでの戦果を誇示

▲右サイドが日の丸、左サイドは米空軍ペイントで日米同盟を表現

次に向かったのは「Explosive Ordnance Disposal Flight」という建物でした。「爆発物処理隊」の見学が今回のメインのようです。

▲左の赤いパネルは中に置いてあったもの

▲大小さまざまな地雷や弾薬、ロボットなど

通訳を交えてひととおり説明があった後、それぞれ質問したり触ったり。

▲トラックには大きめのロボットも搭載

▲トラックの後ろに「最初に成功…さもなきゃ大失敗」と

ミスが許されない仕事です。業務には「葬送」なども含まれるそうで、自分自身がそうならないよう気を付けなきゃネ。

バスは滑走路10エンド付近を通過してノース・エリアへ。小川原湖を望む高台のゴルフ場クラブハウスに立ち寄りました。外は冷えてきています。

▲米軍姉沼通信所のアンテナ。Googleマップでは大小30個以上のレドームが見える

できれば生きた航空機を見せてほしかったなぁ。米軍三沢基地内を時計回りした、2時間のバスツアーでした。今後の米軍三沢基地見学『フレンドシップツアー』開催予定をお知らせしておきます。

  • 2019年 4月19日(金)、募集期間:3月6日~27日
  • 2019年 5月17日(金)、募集期間:4月3日~24日
  • 2019年 6月21日(金)、募集期間:5月8日~29日
  • 2019年 7月19日(金)、募集期間:6月5日~26日
  • 2019年 8月 9日(金)、募集期間:6月26日~7月17日

詳細は「三沢 フレンドシップツアー」で検索してみてください。

※ 写真はすべて、2019年3月15日、やぶ悟空撮影