北海道の気象レーダー 8、函岳

10月中旬、函岳レーダーを見に行ってきました。「北海道の気象レーダー」の記事に1年ぶりに追加します。

気象庁のほかにも、北海道開発局が気象レーダーを運用していることを「北海道の気象レーダー 1」で紹介しました。その道内4か所の「レーダ雨雪量観測所」のうち、道北にある函岳(はこだけ)を訪れました。一般車両で開発局のレーダーサイトまで行けるのは函岳だけ。雪が積もる前に、と向かったのですが…

アクセス

函岳山頂まで行くには、砂利道を27km走破しなければなりません。美深町の公式サイトによれば、今年2019年は10月2日~15日まで工事のため通行止になっていました。確認すると、通行止は解除されたものの例年だと10月20日ごろには積雪になるとのこと、慌てて美深行きを決めました。

▲ 舗装路はここまで、この先は砂利道27km

帰りも合わせると50km以上ダート走行かぁ。10年11万キロ超えの軽、部品はずれて落ちたりしないかナ。むかし、マフラー落ちた経験あるし…。

▲ 峠の分岐、ここから先は尾根づたい見晴らし良好

砂利道に入ってからここまで15km。函岳まで10kmと出ていますが、GPSで測るとここから12kmありました。

▲ レーダーサイトが見えてきた。山頂が白っぽいゾ

▲ 近付くにつれ、だんだん道まで白くなってきて…

▲ ついに真っ白に

4WDとはいえ、夏タイヤで来てしまったぁ。

— 肝心の気象レーダーの様子は、2 につづく —

コメント

  1. アバター 匿名 より:

    10月中旬とは言え、よくもこの時期に函岳まで行きましたネ。今、区分航空図で確認したところ、3704フィートの標高になっていました。レーダー専門家の探求心には感服いたします。

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      今年は山に行ってなかったなぁ、そういや樽前山すら登ってないもんなぁ、と気付き、せめて車で上れる山なら、と急きょ向かったのでした。来年はピンネシリのレーダーを目指そうかな。