海保の ディーゼル・セスナ

==== からのつづき ====

独自養成

海上保安庁は、この172SJT-A)を「飛行機操縦要員の養成体制の整備を進めるために必要な教官要員予定者の技量維持等を行うため、(略)千歳航空基地に配属させるJCG広報資料、2018.2.16としています。つまり、海保が独自で飛行機(固定翼機)操縦士を養成することにし、その訓練機として172SJT-A)を5機 導入したのです。独自養成するためには操縦教官が必要なので、いまは千歳基地でその教官養成訓練を行っている、というわけですね。

これまで海保の飛行機操縦士の養成は海上自衛隊に委託(年間5人)していたそうですが、2020年度から独自養成を始め、将来は年16人の飛行機操縦士を送り出す計画だそうです苫小牧民報=Webみんぽう、2019.7.27配信

「尖閣」に限らずニュースを賑わすことの多い領海や排他的経済水域の話題、日本の海の担当としてチョー忙しそうですもんね。必要な機材の導入はカネの問題ですむとしても、それを扱う人材の育成にはとても時間がかかりますから、将来の日本を取り巻く状況を見抜く眼が必要でしょう。

訓練機5機の登録記号は次のとおりで、いずれも20183月にJAPCONから海保に移転登録されました。(株式会社ジャプコンは、テキストロン・アビエーション社の正規販売代理店)

  • JA391A … SA391、あまつばめ1号 (SA : Small Airplane、海上保安庁)
  • JA392A … SA392、あまつばめ2号
  • JA393A … SA393、あまつばめ3号
  • JA394A … SA394、あまつばめ4号
  • JA395A … SA395、あまつばめ5号

ちなみに、海保のヘリコプター(回転翼機)操縦士は以前から独自で養成しています。仙台空港で海保ペイントのベル206Bがオートローテーションを繰り返すシーンを見たことがあります。そのときはフルタッチまでは行わずにパワーリカバリーでしたが、目標地点にピタッとオートローテーション着陸するのって、こんなに難しいことなンだ!と感じた訓練風景でした。その仙台航空基地のベル206Bも、今年2019年3月に解役となりました。JCG仙台航空基地、2019.3.13

事故

海保に「新車」で納入された5か月後の821日、5機のうちの1機、JA395Aが千歳飛行場で事故を起こしてしまいました(航空祭展示機はJA394A、別の機体です)。13時20分ごろ、滑走路18Lに着陸するときに「強めの接地となり、機体が損傷した(運輸安全委員会)そうです。操縦訓練生と教官、そして航空局の試験官の計3名が搭乗していました。そう、操縦士実地試験中の事故だったのです。残念ながら実地試験には合格できなかったのでしょうかね。

▲航空事故「調査中の案件」より(運輸安全委員会

事故発生から1年が経過した2019年8月22日時点でも「調査中」のままで、詳細な状況や原因などは明らかにされていません。でも、事故直後の報道によれば、「胴体前部の両側面に約40センチ四方のゆがみがあった。内部の骨組みにもゆがみや亀裂が見つかり、大規模な修理が必要(産経、2018.8.22 18:24)という状況だったようです。「大規模な修理」が必要な損傷なら「航空事故」に該当します。でも搭乗者にケガがなく、幸いでしたね。

壊れた機体は直さなければなりません。日本に初めてJT-Aを輸入したJAPCON、その子会社である岡山航空(株)が国内唯一のセスナ認定整備工場なのだそうです。工場がある岡南(こうなん)飛行場まで事故機を空輸する必要があります。事故後に撮影されたJA395Aの写真を検索してみたところ、空輸のための仮修理らしき痕跡が何枚かに写っていました。

▲外観から見える仮修理箇所(両側とも同じ)

ネットの写真を無断掲載することはできないので、セスナ172の図に赤色で書き加えました。ただし、JA395Aにホイールパンツ(車輪カバー)は付いていません。ネットの写真を見るには、2019年1月30日~同2月1日ごろ撮影のJA395Aを検索してみてください。

以前、ベテラン整備士から聞いたところによると、このテの飛行機は激しくハードランディングすると窓まわりが歪むのだそうです。この事故の報道内容や写真から思うに、単なる「強めの接地」やハードランディングではなく、接地時にバウンドした後、前のめりで前脚から激しく接地したのでは?と想像します。そのため、エンジンマウントや前脚取付部、ファイアウォールあたりの構造にダメージを受けたンじゃないのかな。セスナ172の主脚の丈夫さには定評があり、たとえ機体が壊れても主脚は壊れない…などと言われているらしいですが、前脚ではそうもいかず脚部にも損傷があったことでしょう。

千歳基地で仮修理した上で航空局から空輸のための飛行許可をもらい、修理ができる岡山の岡南飛行場まで自力で飛んだのだろうと思います。

どうやら1か月強で修理を終えたらしく、今では訓練に復帰しているようです。

生産終了

実は、ターボ・ディーゼルを搭載した172Sの「JT-A」モデルは、すでに生産を終了しているとのこと。えっ、そうなの? FAAの認証を取得して1年も経たないうちに、なぜ? テキストロン・アビエーションはその理由を明らかにしていないそうです。思っていたほど売れなかったか。

▲セスナ社のサイト内で検索しても引っかからない「JT-A

どうしても172JT-A」ディーゼルが欲しい方は、ガソリンの172納入後にCD-155ディーゼルエンジンに換装する方法も可能だそうです。少々高くつきそうですけど…。

▲3次元捜索レーダーを背中に乗せた空自の早期警戒管制機、E-767と並ぶ 172S JT-A

※ 写真はすべて、2019年8月4日、やぶ悟空撮影

コメント

  1. アバター AMIGO より:

    教官がいたのにハードランディング前にパワー足すとか修正できなかったのかなぁ~

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      試験中なら、教官は後席だったでしょう。右席の試験官が手を出した瞬間に不合格が確定してしまいますので、一瞬の躊躇があったのだろうと思います。

  2. アバター にっしー より:

    実際の養成学校は、千歳ではなく、北九州空港になるという話を聞いたのですが、どうなんでしょう?

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      そうなんですか、知りませんでした。千歳ベースだとトラフィック多すぎて、タッチアンドゴーもままならないでしょうからね。にっしーさん、コメントありがとうございました。

      • アバター にっしー より:

        北九州空港は24時間運用可能な空港ですから、色々とできると思います。ただ、海上保安庁のセスナ機には計器飛行訓練ができるのかな?今までは海上自衛隊の小月基地で有視界飛行訓練を受け、自衛隊員と共に四国の徳島空港で計器飛行の訓練を受けてましたからね。

        • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

          セスナ172Sでも計器飛行訓練はできます。172で陸上単発ピストンのライセンスと計器飛行証明も取得するのかな。最終的に海保の飛行機の操縦士になるには陸上多発タービンが必要ですから、さらに訓練が続くことになりますね。

          • アバター にっしー より:

            娘婿は、徳島で計器飛行の免許を取得して、任地へ赴き、副操縦士として働いています。ということは、多発タービンの免許等は任地で取得するのかな?それとも、徳島で取得したのだろうか?大学校卒なので、本人は早くジェット機のパイロットになることを目指していますが(笑)

          • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

            そうなんですか。パイロット不足といわれていますし、これから引く手あまたでしょう。楽しみですね。にっしーさん、コメントありがとうございました。

  3. アバター ポカリスエット より:

    海上保安学校の航空課程を考えている者です。2019年度に教官の養成を終え、2020年度より操縦士の独自養成を始め、年間16人程が固定翼機の訓練に入れると言うことでしょうか?

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      ポカリスエットさん、コメントありがとうございます。
      将来は年間16人の操縦士を自前で育成し…」と苫小牧民報(2019.7.27配信)の記事にありましたが、独自養成を開始予定の2020年度が、何月から何名程度になるのかは残念ながら承知していません。
      セスナ172Sの5機はすでに北九州に移り、2020.4.1から定置場が「第七管区海上保安本部北九州航空基地」になっています。同福岡航空基地が、福岡空港の滑走路増設予定地に当たるため北九州に移転したものです。「…移転を機に航空機乗組員の訓練施設を整備する…」(西日本新聞、2019.8.31)という記事もありました。すでに見たかもしれませんが「退くハヤブサ」でも北九州移転について少し触れています。
      参考までに、苫小牧民報の記事を載せておきます。 是非とも空と海の世界でご活躍を。

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      苫小牧民報、2019.7.27記事

  4. アバター ポカリスエット より:

    わざわざ記事まで貼っていただきありがとうございます。私は固定翼機のパイロットに興味があるのですが、やはりどの程度の人数がいつ訓練に入るのかは憶測でしか分からないですね。ちなみに海上保安庁はヘリコプターの数も増やしてるのでしょうか?2018年度より航空課程の合格者を10人から25人に引き上げている意味を知りたいです。

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      海保の資料(「北九州航空基地が開所します!」令和2年3月27日付、七管)によれば、「海上保安学校 宮城分校 北九州航空研修センター」と言うんですね、操縦要員養成のための訓練を行うところは。
      尖閣諸島では中国の、竹島では韓国の、さらには日本の排他的経済水域の大和堆では各国の船舶に対処するため、海保の艦艇を増強していると聞きます。そうすると巡視船に搭載されるヘリコプターの機数も増えるでしょうし、時間を要する要員養成は計画的に…ってことなのでしょうか。

      • アバター ポカリスエット より:

        海上保安庁では航空機の操縦士が全体的に足りてないようですね。本庁に確認した際もどのような配置になるかは具体的に教えてもらえなかったものの、固定翼機の操縦士を増やすと共に回転翼の操縦士も増やすとのことでした。またこちらの記事は海上保安庁を調べる中で大変参考にさせていただきました。分からないことがあった場合質問させてください!