海保の ディーゼル・セスナ

2019千歳基地航空祭は8月4日、朝からいい天気です。魅力的な展示が多い中、今回は海上保安庁のセスナ172Sに注目しました。あまり目立たないけど、コレです。

ディーゼル・パワー

▲セスナ172S JT-AJA394A。隣はボンバルディアQ300(DHC-8-300)

かなり昔からよく見かける形で、小型飛行機なら何でも「セスナ」といわれた(る)ほどの有名機です。172(スカイホーク)シリーズで、現在は「テキストロン・アビエーション式 172S型」となっています。その172Sの中でも、海保が2018年に導入した5機のスカイホークは、いずれもターボ・ディーゼル仕様の「JT-A」モデルなのです。

JT-A, DIESEL POWER

エンジンフードの表示から、ディーゼルエンジン搭載機であることが分かります。なぜ飛行機にディーゼル?と思うかもしれません。いま日本国内の空港では、航空ガソリンAVGASの入手が容易でないという状況があります。入手できても高価だし。それに比べ航空ディーゼルエンジンの場合は、ほとんどの空港で調達できるジェット燃料JET A-1が使えます。そして燃焼効率が高く、実は環境にもサイフにも優しいという利点があります。機体価格がやや高価なことなどとトレードオフになりそうですね。海保が「172S JT-A」に決めた理由は分かりませんが、そのあたりも考慮したことでしょう。JT-Aって何の略かと思ったら、Jet-Aらしい)

▲航空祭会場の説明パネル(誤りあり!)

ディーゼルエンジンなので、いわゆる「燃費」が良いのですが、説明に書かれた「航続距離:1,185 km」は 航空ガソリンを使うライカミング IO-360-L2Aエンジン(180 hp)のスペックです。コンチネンタルCD-155ディーゼルエンジン(155 hp)を搭載したJT-Aモデルの航続距離は 1,639 km885 nm, Cessna)ですから、担当者が勘違いしたのでしょう。それにしても、日の出から日没まで飛び続けられそうな「高燃費」ですね。

クローズ・アップ

▲アクセルとブレーキ

プロペラは3枚、MT-Propeller製の複合材です。ディスクブレーキは…見たとおり。

▲右主翼

写真上は翼端前縁のNavigation light(緑:右)と 突起状のAnti-collision strobe light。黒っぽい仕切り板状のものは何でしょう? 衝突防止灯の閃光でパイロットがまぶしくならないようにするためかな? 写真下は Stall warning vane、接地直前の迎え角で減速していくとピーピー鳴ります。

▲左主翼

写真上はキャビンへの空気取り入れ口、冬でも日差しで大汗をかきました(冷や汗だったかも)。写真下はLEDのランディングライト。背景にはローカライザーが見えています。

このように、外観は私が訓練で使用した古い172Pと大きくは変わらないようです。でも、写真は撮れませんでしたが、ガーミンG1000を装備したコックピットは大違いなンでしょうね。今どきのパイロット養成では、初めからグラス・コックピットに慣れておくことも重要視されるようです。そのパイロット養成のハナシは、引き続き をご覧ください。

==== へつづく ====

コメント

  1. アバター AMIGO より:

    教官がいたのにハードランディング前にパワー足すとか修正できなかったのかなぁ~

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      試験中なら、教官は後席だったでしょう。右席の試験官が手を出した瞬間に不合格が確定してしまいますので、一瞬の躊躇があったのだろうと思います。

  2. アバター にっしー より:

    実際の養成学校は、千歳ではなく、北九州空港になるという話を聞いたのですが、どうなんでしょう?

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      そうなんですか、知りませんでした。千歳ベースだとトラフィック多すぎて、タッチアンドゴーもままならないでしょうからね。にっしーさん、コメントありがとうございました。

      • アバター にっしー より:

        北九州空港は24時間運用可能な空港ですから、色々とできると思います。ただ、海上保安庁のセスナ機には計器飛行訓練ができるのかな?今までは海上自衛隊の小月基地で有視界飛行訓練を受け、自衛隊員と共に四国の徳島空港で計器飛行の訓練を受けてましたからね。

        • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

          セスナ172Sでも計器飛行訓練はできます。172で陸上単発ピストンのライセンスと計器飛行証明も取得するのかな。最終的に海保の飛行機の操縦士になるには陸上多発タービンが必要ですから、さらに訓練が続くことになりますね。

          • アバター にっしー より:

            娘婿は、徳島で計器飛行の免許を取得して、任地へ赴き、副操縦士として働いています。ということは、多発タービンの免許等は任地で取得するのかな?それとも、徳島で取得したのだろうか?大学校卒なので、本人は早くジェット機のパイロットになることを目指していますが(笑)

          • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

            そうなんですか。パイロット不足といわれていますし、これから引く手あまたでしょう。楽しみですね。にっしーさん、コメントありがとうございました。

  3. アバター ポカリスエット より:

    海上保安学校の航空課程を考えている者です。2019年度に教官の養成を終え、2020年度より操縦士の独自養成を始め、年間16人程が固定翼機の訓練に入れると言うことでしょうか?

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      ポカリスエットさん、コメントありがとうございます。
      将来は年間16人の操縦士を自前で育成し…」と苫小牧民報(2019.7.27配信)の記事にありましたが、独自養成を開始予定の2020年度が、何月から何名程度になるのかは残念ながら承知していません。
      セスナ172Sの5機はすでに北九州に移り、2020.4.1から定置場が「第七管区海上保安本部北九州航空基地」になっています。同福岡航空基地が、福岡空港の滑走路増設予定地に当たるため北九州に移転したものです。「…移転を機に航空機乗組員の訓練施設を整備する…」(西日本新聞、2019.8.31)という記事もありました。すでに見たかもしれませんが「退くハヤブサ」でも北九州移転について少し触れています。
      参考までに、苫小牧民報の記事を載せておきます。 是非とも空と海の世界でご活躍を。

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      苫小牧民報、2019.7.27記事

  4. アバター ポカリスエット より:

    わざわざ記事まで貼っていただきありがとうございます。私は固定翼機のパイロットに興味があるのですが、やはりどの程度の人数がいつ訓練に入るのかは憶測でしか分からないですね。ちなみに海上保安庁はヘリコプターの数も増やしてるのでしょうか?2018年度より航空課程の合格者を10人から25人に引き上げている意味を知りたいです。

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      海保の資料(「北九州航空基地が開所します!」令和2年3月27日付、七管)によれば、「海上保安学校 宮城分校 北九州航空研修センター」と言うんですね、操縦要員養成のための訓練を行うところは。
      尖閣諸島では中国の、竹島では韓国の、さらには日本の排他的経済水域の大和堆では各国の船舶に対処するため、海保の艦艇を増強していると聞きます。そうすると巡視船に搭載されるヘリコプターの機数も増えるでしょうし、時間を要する要員養成は計画的に…ってことなのでしょうか。

      • アバター ポカリスエット より:

        海上保安庁では航空機の操縦士が全体的に足りてないようですね。本庁に確認した際もどのような配置になるかは具体的に教えてもらえなかったものの、固定翼機の操縦士を増やすと共に回転翼の操縦士も増やすとのことでした。またこちらの記事は海上保安庁を調べる中で大変参考にさせていただきました。分からないことがあった場合質問させてください!