むかわのヘリポート(その4)

前回(その3)の「穂別ヘリポート」を離れ、次に訪れるのは「富内ヘリポート」、ここも鵡川沿いの内陸です。

富内ヘリポート

「穂別ヘリポート」から道道131号 平取穂別線を東に進むと、10分ほどのドライブで「富内銀河会館ヘリポート(正式名称)に到着します。

▲ むかわ町のヘリポート(地理院地図に加筆)

▲ 富内ヘリポート(Googleマップ)

鵡川を渡って富内駅跡の付近から山側に上がっていった右手です。

▲ 富内ヘリポート

富内銀河会館というきれいな建物の隣です。

▲ 富内ヘリポートのマーキング

TOMIUCHI」の文字表示はありません。Googleマップで見ると、穂別ヘリポートと少し角度が違いますが、離着陸の方位は同じ1533になりそうです(地磁気偏差:9°W)15方向は低くなっているので、少し離れた家屋は障害にはなりません。反対の33方向は山側で、500メートル先まで1/8の勾配条件はなんとかクリアしているのでしょう。

道庁の資料でヘリパッドの広さが 38×33メートルとなっていますが、Googleマップでは白線が20メートル四方でした。標高は約90メートル(地理院地図より)

▲ ヘリポート脇の防災倉庫

吹き流し用のポールは見当たりません。宮戸ヘリポートと同じく、近くに防災倉庫がありました。高くはないけれどシラカバっぽい木が散在しています。成長すると、ヘリにとってイヤな感じになりそう。

▲ 富内駅長デスク(2018年7月撮影)

1986年に廃線となった旧国鉄の富内線、その富内駅は文化財に指定され「銀河ステーション」と呼ばれています。駅舎内の備品は映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影に使われたそうです。

冒頭の写真は銀河ステーションのカタパルトレール、まるで空母のスキージャンプのようです。(2018年7月撮影)

次回(その5)は、道東自動車道のインターチェンジにある「むかわ穂別ICヘリポート」の予定です。

-+-+-+-

※ 2005年に鵡川町と穂別町が合併し、町名が「むかわ町」とひらがなに変わりましたが、川の名前など漢字の「鵡川」の名は数多く残っています。

※ Googleマップ以外の写真はすべて、やぶ悟空撮影

-+-+-+-

むかわのヘリポート(その1)」にもどる

むかわのヘリポート(その2)」にもどる

むかわのヘリポート(その3)」にもどる

コメント

  1. アバター KSC より:

    最初の写真にあった「銀河銀河ステーション」の「カタパルトレール」を見て、「何だこりゃ?」と驚きましたが、インターネットで検索して様子と経緯がわかりました。
    面白い物を作ったのだなと感心しました。
    ヘリポートと関係ない話で恐縮ですが、鉄道好きおじさんからのコメントでした。

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      初めて知ったときは私も驚きました。この眼でカタパルトを確認したくて車を走らせた2年前には、富内ヘリポートには全く気付きませんでした。KSCさん、コメントありがとうございます。