北海道の気象レーダー 9、乙部岳

また1年ぶりとなってしまった「北海道の気象レーダー」記事ですが、道南の乙部岳レーダまで行ってきたので追加します。

これまでの「北海道の気象レーダー」シリーズは、

と8本ありますので、ご確認いただければ幸いです。

アクセス

乙部岳(おとべだけ)の頂上付近にある北海道開発局の乙部岳レーダを見に行くには、おそらく片道2時間ほどの登山が避けられないでしょう。往復で5時間かぁ…という体力の不安と ヒグマ遭遇の心配が重なって、これまで行きあぐねていました。

▲ 乙部町と乙部岳の位置(OpenStreetMapに加筆)

標高1017メートルの乙部岳は、乙部町と厚沢部(あっさぶ)町の境にそびえています。乙部岳レーダは尾根の西、乙部町側にあります。ここに少しでも楽に接近できる方法はないものかと、道の下見に向かいました。

日本海沿岸を走る国道から道道4061号旭岱鳥山線に入り、山に向かって東へ針路を取ります。

▲ 最初のゲート

規制はなさそうなので先へと進みます。すぐ砂利道になりましたが、しばらくは走りやすい道道です。

▲ 道道4061号の終点(振り返って撮影)

道道4061号から続く町道乙部岳峰越線に入り、少し進むと乙部岳の尾根コース登山口の広場に出ました。

▲ 登山口(尾根コース)

ここから1.5km先の山中に義経が開いたとされる九郎嶽社があるそうで、鳥居が立っていました。脇に立てられた登山道マップによると、乙部岳への尾根コース4.3kmは 所要3時間の目安とのこと。私にはちょいと辛い道のりです。

▲ 乙部岳へのアクセス(地理院地図に加筆)

きょうは下見なので、姫川に沿った町道を進みます。奥姫川橋を過ぎると道は九十九折りで標高を上げ、砂利道から砕石と岩の多い路面に変わりました。タイヤのサイドウォールを傷つけないよう慎重なコース取りで、橋から姫待峠までの約5kmに25分もかけました。

▲ 姫待峠の分岐

麓では日が差す天気でしたが、峠に近づくにつれ雨が落ち始めました。国土地理院の地図には直進して八雲町に抜ける道が描かれていますが、今ではすっかり廃道と化していました。オフロードバイクでも通行は難しいでしょう。

右折してレーダに向かう道は、まだ相当な距離がありますが狭いながらもここから舗装されています。ゲートも看板もなさそうだったので(後で思うに、生い茂った草木や濃霧、ワイパーの拭き残しなどで見落としたのかも)、車を先へ進めることにしました。

路面からの激しい振動は無くなったものの、両側から伸びた雑草が針路を隠しているので慎重な運転に変わりはありません。姫待峠から6km/15分ほど先の、視界のきかない左急カーブを曲がったとき、真っ白い世界に突然、レーダが現れました。

乙部岳レーダのハナシは、 につづく。