乙部ヘリポート

乙部岳レーダを目指した日に、乙部ヘリポートにも立ち寄ってみました。数年前、レーダの危機に乙部ヘリポートが大きな役割を果たしていたそうなのです。

供用廃止

乙部ヘリポート

住所は北海道爾志郡乙部町字姫川60番地。「爾志郡(にしぐん)」という名を聞くのは初めてで、読み方も分かりませんでした。現在、爾志郡には乙部町しかないそうです。ヘリポートの位置は、北緯41度58分03秒/東経140度09分55秒です。

ヘリパッド25×20mと 駐機スペース2機分のエプロン、それらを結ぶ誘導路が舗装されています。風向指示器のポールや消火設備があります。遠くに見える山並みが乙部岳・九郎岳ですが、乙部岳レーダは雲に隠れて見えません。

乙部ヘリポート管理事務所

1993年4月に開港した乙部ヘリポートは、公共用ヘリポートとして利用されてきました。設置管理者は乙部町です。その乙部町では、36年間という道内で最多選となる寺島光一郎(前)町長が昨年2019年4月いっぱいで任期満了し退任しました。初当選が1983年でしたから、乙部ヘリポートを作ったのも寺島光一郎(前)町長時代となりますね。ちなみに、現町長の姓も寺島(努)らしいです。

このヘリポートが開港して間もない7月には、北海道南西沖地震が発生しました。被害が大きかった奥尻島に近いため、北海道警察のヘリコプターや消防ヘリコプターのみならず報道関係のヘリコプターなどにも利用されたそうです。

それから20年以上が経過し、施設の老朽化が進みました。航空法に規定する公共用ヘリポートとしての維持が困難になったため、201525日付で供用廃止されました。「公共用」ではなくなりましたが、現在は「乙部町ヘリコプター場外離着陸場」として利用されています。

▲ ヘリポート全景(Googleマップ)

いつの写真なのか、11/29のペイントがくっきり見えています。私が訪れたときは消えていましたが…。供用廃止に伴って消されたのかもしれません。

11/29方向

11は山側ですが、姫川に沿う方角なので高い障害物は見当たりません。29の先に乙部町の市街地があり、直線距離2.5kmで日本海に出ます。

▲ 上空から(2010年8月6日、乙部町撮影)

10年前には、乙部ヘリポートから自衛隊ヘリの体験搭乗が行われたそうです。乙部町フォトニュースより)

▲ 気象観測機器

風向風速計はもちろん、雨量や気温などの観測器も見えます。

レーダ停電!

今から8年前の2012年4月2日、乙部岳レーダが停電になりました。非常用発電機によりレーダや無線中継所の運用は継続されていましたが、燃料はおよそ30日分です。スノーモービルを使って雪山で原因探求が行われ、19日になってようやく雪による高圧配電線路の障害箇所が突き止められました。

▲ 燃料のドラム缶を吊って乙部ヘリポートを離陸するベル412(YouTubeより)

発電機の残燃料が約10日分にまで減っていたため、残雪が多い中で再度の停電に備える必要がありました。そこで4月30日、乙部ヘリポートから山頂のレーダ施設まで燃料を運搬し、非常用発電機の燃料タンクを満タンにしたのです。(参考:平成24年度「重要な電気通信施設の維持管理について ~乙部岳レーダ雨雪量計の障害対応事例~」函館開発建設部 施設整備課)

北海道南西沖地震のときだけでなく、こういう事態でも乙部ヘリポートが役に立っていたんですね。

-+-+-+-

この日、ヘリポート脇の高台では蜂たちがせっせと働いていました。

もう花は少なくなっているようだけど…。

クマの大好物、ハチミツは電気柵で守られています。

この日、ヘリポートから北東に6kmほど離れた縁桂森林公園でヒグマの親子に遭遇してしまいました 駐車場に到着したとき、2頭の子熊と大きな母熊がほんの10メートルほど目の前から山中に逃げていったのです。クマよけの鈴は持っていましたが、連理の木「縁桂」まで往復2kmの山中を歩くのは危ないので、車から降りずに引き返しました。このときはドライブレコーダーの映像を保護するところまで頭が回らず、写真がないのが残念。

乙部岳レーダと 乙部ヘリポート、2020年秋の乙部町訪問の話題でした。

※ 特記のない写真は、2020年9月、やぶ悟空撮影

コメント

  1. アバター イカゴロ より:

    やはり、乙部岳レーダーの帰り道に寄られていたのですネ。やぶ悟空さんのことだから必ずやと思っていました。親子熊との遭遇も探究心旺盛なやぶ悟空さんらしい出来事と思います。厚沢部、江差、乙部、上ノ国はよく行くので身近に感じています。先週末もメークインを仕入れに出かけていました。それにしても経年変化であれ程キレイだった自慢のヘリポートも雑草が少し目立っていますネ。残念然り。

    • やぶ悟空 やぶ悟空 より:

      レーダとヘリポートのセット、行動を読まれていたようですね。
      クマとの出会いは、いつも心の奥底に微かな期待がなかったわけでもないのですが、いきなり目の前に現れられると車の中にもかかわらず少々慌ててしまいました。

  2. アバター AMIGO より:

    乙部にヘリポートあったんですね。10m 熊遭遇といったら至近距離ですね! 毛並みはよかったですか?