Googleマップで見つけた飛行機

Googleマップに写っている飛行機。新千歳空港を離陸し、上昇しながら右旋回中のANA機のようです。

▲ 右旋回上昇中のANA機(Googleマップ)

撮影時期が異なる写真のつなぎ目で、機体後部が消えてしまっています。塗装から、全日空に違いなさそう。双発で大きめのウィングレット、ドーサルフィン(垂直尾翼根元のひれ)などからボーイング737-800(あるいは-700)でしょう。

▲ 離陸機の航跡(Flightradar24の航跡図を編集)

Flightradar24で、2021年1月6日に新千歳空港の滑走路01Lから離陸したきれいな旋回航跡2本を簡易的に重ねてみました。A320の地上航跡はデータの欠落があるようで、実際に離陸滑走を始めたのは滑走路のもっと南のはずです。冒頭のANA機が写っていたのは、十字の場所です。

北寄りの風で滑走路01Lから離陸するには、駐機スポットから遠い滑走路南端までの地上走行に時間がかかります。大部分の行先は南の方なので、離陸後すぐに180ターンしなければなりません。逆に、タクシーが短くストレートに南下上昇できる滑走路19Rからの離陸に比べると、時間的にもコスト的にも少々差が出るでしょう。もっとも、到着と出発をセットで考えれば、滑走路0119どちらも大差ないかもしれませんが…。

そんなことを考えながら、1月の晴れた日、風向きを確認した上で Googleマップの写真の場所に行ってみました。

Boeing737-800, JA308J の上昇旋回

浮揚直後、低高度で右旋回するのでこんな写真が撮れます。あまり大きなバンク角を取らないので背中を見られる機会は多くありません。

Airbus A320, JA22JJ の上昇旋回

下回りの観察にはいいかもしれません。

Boeing747-400F, N405KZ の離陸上昇

今では珍しくなった4発機。日本貨物航空が以前所有していた747貨物機(旧JA05KZ)らしいですが、米国籍に変わって離陸していきました。

Googleマップに映り込んだ飛行中の航空機は、おそらくたくさんあるはずです。何年も前ですが関東周辺で偶然に2か所ほど見つけたことがあります。Google衛星写真はどんどん更新されているので、世界中で消えたり現れたりしているんでしょう。

飛行中ではありませんが、地上でメインローターが回転しているヘリコプターがGoogleマップに写っている、こんな記事も ご参考までに。

※ 特記のない写真は、2021年1月、やぶ悟空撮影

コメント

  1. アバター AMIGO より:

    珍しい映像ですね。よく見つけました。