キャラバン、千歳ステイ

セスナ208キャラバンN767MF がはるばる米国からやってきました。2021年5月13日の新千歳空港です。

▲ 新千歳空港に進入するキャラバン

▲ ペトロバブロフスク・カムチャツキーから7時間弱。大変だぁね

▲ 新千歳空港19Lに着陸

▲ まずは燃料補給

9日に北米のウィニペグを発って、アラスカ、アリューシャン列島、カムチャッカ半島を経由し、日本へ。今夜は新千歳で機体を休めます。

-+-+-+-

そして、翌朝。

▲ 朝もやの中、日差しで目覚め

2020年製の機体、PT6A-114Aターボプロップ。機体下部にカーゴポッドを装備。

▲ となりに政府専用機が出てきました

そして、午前10時すぎ。

▲ 新千歳空港01Lから離陸(シャッター速すぎて止まったプロペラはご愛敬)

いっきにグアムまで8時間。お気をつけて。

MAF : Mission Aviation Fellowship

※ 写真はすべて、2021年5月13日および14日、やぶ悟空撮影

コメント

  1. AMIGO より:

    いや~いい写真だな~。僕も見に行きたかった! 話によると、セスナ172を大きくしたような機体だから速度が遅い(300km/hr以下)と聞いてました。たしか、JSTで10:05出発、
    新千歳着が16:50位だったと記憶してます。6時間超のFLIGHT TIMEだったと?記憶違いかな。 翌日も行ったんですね。スゴイ! 翌朝仙台経由を予定していましたが、結局GUAMへ直行しました。機長は男、コパイは女性です。

    • やぶ悟空 より:

      UTCとJSTで計算違い、修正しました。そんなに早いハズないですね。ご指摘ありがとうございます。

  2. AMIGO より:

    米国在住の日本人が単独世界一周中です。本日現在エジプト、GIZA。5月31日ころ那覇入り、能登、帯広経由して6月10日頃新千歳入港予定。彼は幼少に右目を失い片目でライセンス取得。 (BEECH BONANZA BE35)
    BOEINGで仕事をしている様です。 www.aerozypangu.com